編集長
この記事ではNetflixオリジナルアニメ『DEVILMAN crybaby』は面白いか、つまらないか、個人的な感想や評価について重大なネタバレを伏せながら語っていきたいと思います。

 

ストーリー・あらすじ・ネタバレ

ジャンル ホラーアクション
制作 サイエンスSARU
監督 湯浅政明
脚本 大河内一楼
構成 十川誠志
デザイン 倉島亜由美
音楽 牛尾憲輔
話数 全10話
声優 内山昂輝、村瀬歩、潘めぐみ、小清水亜美、田中敦子、小山力也、etc.
あらすじを読む
泣き虫の高校生・不動明は、幼なじみの飛鳥了と再会し、危険なパーティに誘われた。そこで明は見る。悪魔に変わっていく人々を。そしてまた明自身も……。(引用:公式サイト)
一言でまとめるならこんなアニメ
悪魔の体と人間の心を併せ持つデビルマンとなった主人公「不動明」がデーモンたちと戦いを繰り広げていく物語

 

Netflixにて全世界配信中

devilman_crybaby

『DEVILMAN crybaby』は動画配信サイトNetflix(ネットフリックス)によるオリジナルのアニメ作品。

 

2018年1月5日より全世界で配信がスタートしました。

 

原作に忠実なデビルマン

デビルマンといえば、1972年の漫画連載に始まり様々な形でメディア化されてきた人気作品ですが、その中でも『DEVILMAN crybaby』は最も原作に近い内容になっている点が最大の特徴として挙げられるでしょう。

 

かなり過激なエロ・グロを含む事から「完全映像化は不可能」と言われた原作の内容を忠実に再現しており、これまでのどのデビルマンよりもセクシャル&バイオレンスな描写が多めです。

 

主人公「不動明」はどこにでもいそうな大人しい少年。

 

しかし、とある事をキッカケに悪魔と融合し、悪魔の体と人間の心を持つ「デビルマン」として地球上で悪さを働く「デーモン族」たちと戦いを繰り広げていく事になります。

 

最初のうちはちょっとした人助けくらいの小さな争いに過ぎなかったものの、回を追うごとにどんどん混迷を深めていき、やがては世界の存亡をかけた大戦争にまで発展するといった非常にシリアスな展開が印象的でした。

編集長
昔放映されていたアニメ版のものに比べてかなり大人向けの作品になっています。実際、年齢制限が設けられているほど過激なシーンも多め。

作品の見どころ

 

とにかくエロくてグロい

DEVILMAN crybaby シレーヌ エロい

僕自身、視聴してビックリしたのですが、とにかくエロとグロのオンパレード。

 

ネット配信限定という事もあってか、容赦の無い過激な描写がやりたい放題になっています。

 

「あれ、デビルマンってこんな作品だったっけ?」

 

1972年版のアニメしか見た事の無い僕としては困惑するレベルでしたね。

 

原作好きからすれば「これぞデビルマン!」といった感じの作風みたいですが、僕みたいな“にわか”な視聴者はきっと驚くでしょう。

 

セックスシーンなんてほぼ当たり前のように出てきますし、乱交、盗撮、オナニー、同性愛といった普通の作品では触れにくいような踏み込んだ内容の描写も含まれています。

 

デビルマン エログロ乱交パーティDEVILMAN crybabyデビルマン 盗撮DEVILMAN crybaby オナニーシーン

 

中でも特に「やべぇ…」と言葉を失ったのが謎の搾乳シーン。

 

デビルマン 搾乳シーン

カオスな展開が繰り広げられるうちの一瞬しか映らなかったのでなぜこのような状態になっていたのかわかりませんでしたが、とにもかくにも「異質性」を感じる描写でした。

編集長
気分を害するようなシーンも結構多めですが、良い意味でも悪い意味でも普通のアニメとは一線を画しており、そこがまた面白い部分でもあるのでしょう。

 

現代風にアレンジされた舞台

デビルマン 現代風にアレンジ

『DEVILMAN crybaby』では、キャラクターデザインはもちろん物語の舞台も現代風にアレンジされています。

 

デビルマン SNS

スマートフォンやSNSなどの最新技術も登場し、デビルマンという作品において重要な「人間の汚さや醜さ」といった部分がより鮮明に伝わってくるようになりました。

 

街や人々の様子も我々の現実に近く、非常に取っ付きやすい世界観になっているため、「デビルマン」という作品への入門編としては最適だと思います。

編集長
ネット上でやたらイキっている人々など、まさに現実世界を反映しているような描写も多めでした。

 

「DEVILMAN crybaby」のここが良い
  • 原作に対してかなり忠実
  • エログロ好きには刺さる過激さ
  • 現代風にアレンジされていて取っ付きやすい

 

「DEVILMAN crybaby」のここが残念
  • 過激すぎて胸糞が悪い描写も多々ある
  • 全体的に重いシナリオなので視聴後は疲れる

 

主要なキャラクター紹介

不動明(CV:内山昂輝)

デビルマン 不動明

本作の主人公。

 

元々は大人しくて泣き虫な人間でしたが、ある日親友「飛鳥了」の誘いで「サバト(悪魔崇拝の集会)」と呼ばれる怪しげなパーティへ参加した事をキッカケに悪魔と合体し「デビルマン」になります。

 

デビルマン不動明 デビルマン 変わった

デビルマンになった後は性格も外見も豹変。一気にワイルドな見た目へと変わりました。

 

デビルマン 不動明 変な走り方

身体能力も格段にアップし、まるでギャグのように見える変な走り方でも短距離走10秒台を軽く叩き出すなど化け物レベル。

 

悪魔に憑りつかれてはいるものの、元来の優しさは失っておらず、その強大な力を悪用する事も無く人助けのために使っていくと決意します。

 

しかしながら、物語の後半においては人間の汚さと醜さを目の当たりにした事で人々を守るという意志が次第に揺らぎ始め、最終的に自分と同じ「デビルマン(人の心を持った悪魔)」を集めた軍団を結成。

 

デビルマン軍団、デーモン族、そして人類という三つ巴の大戦へ臨む事になります。

編集長
喜怒哀楽の激しいキャラクターですが、基本的には良いヤツでしたね。

飛鳥了(CV:村瀬歩)

デビルマン 飛鳥了

本作におけるもう一人の主人公で、明がデビルマンになるキッカケを作った張本人。

 

非常に明晰な頭脳を持ち、高校生程度の歳ながらアメリカの大学で教授を務めている天才少年だったりします。

 

感情豊かな明とは対照的にいつも無感情。

 

飛鳥了 サイコパス

軽犯罪から殺人に至るまでどんなに酷い事でも平然と行うなど人間離れした部分も目立ち、その神秘的な出で立ちも含めてどこか不気味な存在と言えるでしょう。

 

そんな彼の特異性は実は「とある事」が大きく関係しており、物語の方向性を決める上で非常に重要なカギとなります。

編集長
声を担当されているのは中性的なボイスで定評のある村瀬歩さんなのですが、ちょうど良い感じの低音がすごく素敵です。

 

牧村美樹(CV:潘めぐみ)

牧村美樹 デビルマン

本作のヒロインで、明とは幼馴染であり同居人。

 

容姿端麗で身体能力も高く、陸上選手としてもその名を馳せています。

 

若くしてまるで聖人のような人格を持ち、誰が相手でも偏見を持つ事無くありのままを見ようとする良い子です。

 

明が人間の心を失わずに済んだのも彼女という存在があったからで、明の行動原理を決定する上で欠かす事のできない存在と言えるでしょう。

編集長
正直、今作に登場するキャラはみんなクセが強すぎて苦手な人物も多いのですが、美樹だけは見た目も含めて純粋に可愛いので癒し的なポジションでした。

総評

 

個人的にはマジで面白かった

 

単刀直入に言って、めちゃくちゃ面白い作品です。

 

僕は「デビルマン」という作品についてはほとんど無知のにわかだったわけですが、それでもグッと惹き込まれてしまうだけの魅力がそこにはありました。

 

冒頭でも触れたように、めちゃくちゃエロいし、めちゃくちゃグロい。胸糞が悪くなるような凄惨な描写もたくさん含まれています。

 

ゆえに長々と視聴するには根気が要りますが、見終わった後には必ず何かしらの感情が残る良作です。

 

もう50年近く前に描かれた作品にもかかわらず、話の大筋はそのままに現代でも十分に通用するって凄い事ですよね。それだけ普遍的に刺さる要素が散りばめられているという事なのでしょう。

 

人間が持ち得る醜悪な側面というのはいつの時代も変わらないという事を実感させられました。

 

特に物語後半における差別主義的な描写(悪魔狩りのシーンなど)は本当に見ていて心が痛くなり、「悪魔なのは一体どっちだよ…」とツッコみたくなってしまう事も多かったです。

 

あまりにも過激な描写が多いため、中には首をかしげてしまうようなシーンもありましたが、いずれも「デビルマン」という作品を強烈に印象付けるための良い材料だったと今なら思えますね。

編集長
全10話と非常にコンパクトにまとまっているので、時間があればぜひとも見てみてください。

まとめ

 

以上、アニメ『DEVILMAN crybaby』ついて個人的な感想および評価を述べさせていただきました。

 

正直、にわかの僕に語りきれるような浅い作品ではないので全体的につたない文章になってしまいましたが、あくまで一個人の意見として捉えていただけると幸いです。

 

決して見て損は無い傑作なので、興味が湧いたらぜひ。

おすすめの記事