本日の相場観

こんにちは、Shiroです。

NYダウが信じられないほどの大暴落を見せています。

≪NYダウ≫ 

 

つられる形で日経平均も。

≪日経平均≫

 

NYダウは約1000ドル、日経平均は約800円の下落。今年起きた下落の中でもトップクラスの値幅となっています。

下落の発端となった具体的な出来事(経済指標や要人発言など)は特に見当たりませんが、目下における米金利高騰によって株への投資妙味が無くなっている事や、イタリア予算問題やブレグジット、米中覇権争いなどの懸念材料が相場の重しとなりポジション調整の動きが強まったと考えられます。

おかげでリスク回避目的の円買いが進行、全面円高となりました。また、一方で本日は原油相場も下落したため資源国が売り優勢、典型的なリスクオフとなっています。

一時は史上最高値を付けるなど上昇が続いていた株相場ですが、ここに来て再び金利の上昇が上値を抑えています。これは今年初頭に起きた株暴落と同じパターンとなっており、さらなる下落も否定できません。

米中関係もここのところ進展が無く、落としどころが見えないというのが現状。中間選挙では共和党も苦戦しているようで、トランプ大統領が支持集めのためにさらなる強硬策を取る可能性もあります。しばらくはポジション調整の動きが続くかも。

 

本日のトレード結果(-100,800円)

豪ドル円をロングしていたわけですが、本日の急落でやられてしまいました。リスクオフ相場とわかっていたのにずっと損切りできなかったのは明らかなミスです。

だいぶ精神的にもまいる負けトレードでした。

おすすめの記事