年が明けてからというもの、新年会などで忙しく、せっかく新しいアニメが始まったのにもかかわらず中々見れない日々が続いておりました…。ようやく落ち着いたので2019年スタートの作品を漁っていたところ、何やら話題になっている作品があるじゃないですか。

その名も『ケムリクサ』。あの『けものフレンズ』を制作したアニメ会社、ヤオヨロズが携わっているという事で非常に注目を集めているそうです。キービジュアルから伝わってくる雰囲気もダークで良い感じですね。

キャラデザインは可愛らしいのに、世界観はダーク。個人的にこれは神アニメの可能性が高いと考えております。なぜならまどマギなり、ゆゆゆなり、そういった例を見てきたから。

 

というわけで、早速ですが1話を見てみました。特に詳しいあらすじなどの情報は見ていないため、完全に初見としての感想や考察になります。なので、事情に詳しいという方もイライラせずに暖かい目で見ていただけると助かります。

登場人物をチェック

とりあえず、本題に入る前に登場人物の確認をしておきます。今のところ、公式サイトで明かされているのは3人のみ。

左からりん(CV:小松未可子)、りつ(清都ありさ)、りな(鷲見友美ジェナ)となっています。特に詳しい情報が記載されていなため、ハッキリとした関係はわかりませんが、名前や顔の色的にも姉妹っぽい気はしますね。

てか、中の人(声優さん)の顔面偏差値高っ!最近は本当に可愛い声優さんが多くなりましたよね。みかこし(小松未可子さん)は良くアニメで拝見しますが、他のお二人はあまり見かけないので新鮮です。ゲームとかではちょいちょい見かけるんですけども。

第1話をキャプチャ付きで振り返る

物語スタート

物語のスタートは荒れ果てた廃墟のような場所でりんとりなが水を探しているところから始まります。いきなりものすごいパンチを披露してくれたりんですが、一体何者…。

世界観が良くわかりませんが、満足に水も得られないような環境なのでしょうか。

アカムシ登場

少し経つと、何やら物騒がしい雰囲気になり、「アカムシ」と呼ばれる謎の生物が登場。多分、この世界における敵のような存在なんでしょうね。見た目もですが、不気味な声も発していてキモいですw

アカムシと戦うりん。強いなこの子。

りなは人造人間?

えぇーーー!って感じですけど、開始早々りなが死にます。どうやら、りんとは別行動中にもう一匹のアカムシと遭遇してやられてしまったようです。まだ始まってから5分の出来事なのでビックリ…。そんな事ってある!?(笑)

いきなり主要人物が死ぬなんて、やってくれるじゃねぇかと思っていたら、次のシーンであっさりと再登場してきて笑いました。なんと、りなは複数人いるらしいのです。

『まだ4人もいるから大丈夫』といった発言に、「いやいや、お前は綾波レイかよ」とツッコんでしまいそう。人造人間か何かなんでしょうか。

廃墟で拾ってきた瓦礫を食べているシーンがあるので、純粋な人間というわけではなさそうです。

ミドリちゃんの葉?

ここで、「次にアカムシが襲ってきたらミドリちゃんの葉があるから大丈夫」といった会話が繰り広げられます。ミドリちゃんとは一体誰?人なのか、もしくは単に木に名前を付けただけなのか。良くわかりませんが、この木についている葉はアカムシに対する武器になるようです。

謎の男登場

ここで突然、謎の男キャラが!公式サイトでは明かされていなかったので、完全に初見。てか、(CV:野島健児)じゃないですか。大好きな声優さんなのでテンション上がります。

別の世界から来たのでしょうか。周りのあらゆるものに対して興味を持っています。

興味深いのが、りんたちの反応。どうやらこの男の事をアカムシだと思っているようで、拘束します。

これはなぜなんでしょう?男という生命体がこの世界では異端なもののか?僕たちから見れば見た目は同じ人間なのに、彼女たちはそう受け取っていないところを見ると、やはり根本的な部分が違うのかもしれません。実際、この男はアカムシが何のかわかっていない様子です。

警戒したりんたちは、先ほどの「ミドリちゃんの葉」とやらでアカムシかどうかを調べようとします。もしアカムシだった場合、粉々になってしまうとの事。

しかし、ミドリの葉は聞きません。つまり、アカムシでは無い事になります。ただ、それでもやはり疑う気持ちが無くならない一同。

再びアカムシ登場

急に出てきて一体何なんだコイツは…という雰囲気の中、再びアカムシが登場。先ほどとは形態が違いますが、やはりキモイ。

りなシリーズ(仮名)の1人、りなよがピンチ!

引きずり込まれたりなよを見失う一行。

しかし、先ほどの男(わかば)にはアカムシの存在を感知できるらしい。

わかばが赤い霧の中へ飛び込み、無事りなよを救出。

最後の仕上げ。何とか難を乗り越えます。

りんの赤面

ラストシーンを飾ったのは、りんの赤面するシーン。わかばの果敢な行動に惚れたのか?色々とわからない事が多いまま1話は終了しました。

1話で生まれた謎

ザっと1話を見た上で、個人的にいくつか謎な点がありました。

アカムシとは何なのか?

まずは何といってもこれですね。アカムシという敵らしき生物が出てきましたが、これは一体何なのか?もちろん、現段階でわかるはずも無いのですが、今後はこれを最大の焦点として見ていく必要がありそうです。

ただ、怖いのが、「アカムシの正体は人間だった」的なありがちなオチ。なんだかんだでそういう作品って多いじゃないですか。正体不明の怪物が実は同じ人間だったみたいな。それだとややつまらないので、別の何か衝撃的なオチを期待します。

わかばは何者なのか?

突然現れたわかばは何者なんでしょう。アカムシでない事はわかっていますが、何せりんたちの反応が警戒心丸出しなので、彼女たちの価値観から見た場合は同志ではないという事がわかります。男という存在がそもそも人間としてあり得ない設定なのでしょうか?これも気になる部分です。

りんたち以外の人間はいないのか?

1話時点では、りんとわかばたち以外に人間らしい登場人物は出てきませんでした。廃墟のような場所が舞台だった事もあり、そもそも他に生活をしている人がいるのかどうかすらわかりませんでした。

今後も登場人物は増えるのかという点に注目したいところです。

まとめ

以上、ケムリクサ第1話を見た感想と考察でした。まだ序盤なのでわからない事だらけですが、色々と考えながら見られそうなアニメです。アカムシのキモさが個人的に気になるので、次回も楽しみです。

おすすめの記事