2019年冬アニメの中でも割と注目していた『ドメスティックな彼女』をようやく視聴し始める事ができました。

事前に軽くPVを見ていただけでそこまで内容について調べたわけではないのですが、何やらアダルティな感じが漂っていたので自分好みです。個人的にですが、何となく『クズの本懐』に似たような雰囲気を感じますね。

作品を見て印象的だった点を雑に振り返ってみたいと思います。

人物相関図が複雑すぎる

とりあえず1話で見えてきたのは複雑な人物相関図。父親の再婚相手の娘が自分が想いを寄せている学校の先生で、しかもその妹はついこの前なりゆきでエッチした名前も知らない女の子だなんて一体どこのエロゲ(笑)

こりゃ面白くなりそうです。ドロドロした作品は大好きなので。

サービスシーン多めで最高

まだ1話だというのに、サービスシーンが多めで最高です。特に主人公・夏生の想い人である陽菜(先生)がエロくてたまりません。なんかもう、出てくるたびにいちいちエロい。

こんな女性といきなり同じ一つ屋根の下で暮らしていくとか…。どう考えても無理でしょ、色々な意味で(笑)家族になる以上、下手に手はせないだろうし辛すぎる!

 

メインヒロイン・瑠衣ちゃんもなかなかですが、僕は断然陽菜先生派ですね。明るい性格だし(今のところはそう見える)、大人の魅力には勝てねぇ…。

もっとも、どこか影のある瑠衣ちゃんが今後どんな感じで主人公と関わってくるのかに注目です。1話は基本的に陽菜先生が喋ってばかりで瑠衣ちゃんの事は良くわかりませんでした。

ただ、やっぱり離婚した父親の影響なんでしょうかね、ちょっと暗い感じなのは。内田真礼さんのボイスで「ここであたしとエッチしてくんない?」とか、世の中のファンはさぞ喜んだでしょう。

陽菜先生もCV:日笠陽子さんだし、やっぱ明るいキャラ似合ってるなぁ。

視聴継続決定!

思っていた以上に面白そうなので、とりあえず視聴継続決定。ドロドロした感じの内容に絵も綺麗とか最高じゃないですか。今のところ陽菜先生がドストライクなので、注目したいところ。

ただ、「良さそうに見えて実は裏で…」みたいなパターンも全然ありそうで怖い。「クズの本懐」の茜先生とかまさにそうだったし(笑)原作は見てないので完全初見でいきます。

次回が楽しみだ!!

 

てか、次回予告の時の画像は一体…。こっちの方が気になる(笑)

おすすめの記事